乾燥を防ぐスキンケア

乾燥は肌トラブルの元

美容

肌の乾燥は肌をかさかさにしてしまうだけではなく、バリア機能を低下させてしまいます。紫外線などの影響を受けやすくなり、シミやしわを引き起こしたり、ターンオーバーの乱れにもつながります。ニキビができたり肌荒れを起こしたりなど、様々な肌トラブルの原因にもなります。そんな乾燥を防ぐためには、水分と油分を与えるだけでなく、保湿効果を高める必要があります。それに効果的なのが保湿美容液です。肌に潤いを閉じ込めてくれる成分が濃縮されて含まれていますから、乾燥を防いで化粧水の水分を長時間維持してくれます。しっとりと水分量の高い肌を維持することができて、新陳代謝を活発にしてくれます。肌そのものの機能の底上げにもなりますから、乾燥しやすい肌の方は保湿美容液をスキンケアに取り入れましょう。

正しい使い方で保湿

肌のサプリメントでもある保湿美容液は贅沢なほど保湿成分が満載です。しかし、優れた保湿成分がしっかりと肌の奥まで浸透しないと、表面にいつまでも残ったままで、肌内部が水分不足になってしまいます。そのためにも、正しい使い方をして効果を引き出すのが大切です。基礎化粧品を塗る順番としては、化粧水、美容液、乳液やクリームというのが基本です。種類によっては順番が違っているものがありますから、保湿美容液の説明書をしっかりと読んでおきましょう。つまり、乾いた肌にそのまま塗っても、有効成分は浸透せずに肌がべたつくだけになってしまいます。また、冬などの寒い時期で肌が冷えていると浸透力が落ちてしまいますから、充分に肌を温めてから付けるのが良いでしょう。